正しいシャンプーの方法とおすすめ育毛シャンプー

頭皮のかゆみやフケの原因をつくり、抜け毛や薄毛を招いているのが、間違ったシャンプーの仕方にもあることを知っていますか?育毛を本気で考えているなら、正しい方法をマスターすることが、とても大切です。

この記事では、頭皮の健康状態を保つシャンプー法をわかりやすく解説します。また、シャンプー剤の選び方についてもアドバイスしていきます。

自分のシャンプーをチェック!

シャンプーは、髪の毛や頭皮の汚れ、余分な皮脂を落として、清潔にする目的で行うものです。間違ったやり方を続けていると、フケやかゆみなどの頭皮トラブルや抜け毛の原因を、自らつくり出していることになります。まずは、育毛のための正しい方法と、NGな方法を詳しく説明します。

育毛のための正しいシャンプーの仕方

「頭皮を清潔に健康に保つ」ことに加えて、「頭皮の血行を良くする」「新しい髪の毛を健康に育てる」という育毛しやすい環境を得るために、正しくシャンプーしていくことが重要です。ここで紹介するステップで行うと、頭皮を健康に保ちながら、抜け毛や薄毛を予防することができます。早速、今日から始めてみましょう!

ステップ1. 髪を濡らす前に軽くブラッシングする

洗う前の髪の毛には、目に見えない細かいホコリや汚れがたくさん付着しています。シャンプーの前に軽くブラッシングしておくと、シャンプー剤をたくさん使う必要がなく、泡立ちも良くなります。

ただし、強くブラッシングしすぎると、抜け毛を増やしたり頭皮を傷つけたりしてしまいます。頭皮にブラシを当てずに、軽くブラッシングしましょう。

ステップ2. 余洗いをしっかりと

シャンプー前の余洗いは、髪を濡らすためではありません。シャンプー剤を使う前に、髪の汚れや頭皮についた汗などをしっかりと落とすという目的があります。熱いお湯を使うと頭皮が乾燥しやすいため、38度くらいのぬるま湯を使います。両手の指の腹を使って、最低でも2分くらい、頭皮の汚れを落とすように洗いましょう。

ステップ3. シャンプー剤は手のひらに取る

シャンプー剤には汚れを落とすための薬品が使われているため、そのままダイレクトに頭皮につけると、少なからず刺激を与えてしまいます。そのため、直接髪や頭皮につけず、500円玉くらいの量を目安にして手のひらに取りましょう。

そして、少しお湯を加えて泡立てるように伸ばした後、手のひらと指の腹を使って、髪の毛と頭皮全体に揉みこんでいきます。今まで大量にシャンプー剤を使っていた人は、「この程度で本当に洗えるの?」と思うかもしれません。

でも安心してください。ステップ2の余洗いで、ほとんどの汚れは落ちているので、少しの量でもしっかり洗うことができます。

ステップ4. 手を熊手型にしてやさしく洗う

シャンプー剤を髪と頭皮全体に行き渡らせたら、両手の指を熊手のように曲げます。そして、指の腹を使ってまずは頭皮を洗います。額の生え際、耳の上と後ろ、後頭部から、それぞれ頭頂部に向かって揉むように手を動かしましょう。

このとき、頭皮を押さえて動かすイメージで、小さな円を描きながら指を移動させるのがポイントです。ゴシゴシ擦らないよう、気をつけましょう。この方法で洗うと、頭皮の血行を促しながら、余分な皮脂や老廃物を洗い流すことができます。

ステップ5. すすぎ洗いはしっかり丁寧に

シャンプー剤が頭皮に残っていると、フケやかゆみなどの頭皮トラブルが起こりやすくなります。3〜5分かけて、丁寧にすすぎ洗いすることがとても大切です。余洗いと同じようにぬるま湯を使いながら、シャワーを頭皮に近づけて、マッサージするように円を描きながら洗います。

泡が落ちたように見えても、まだまだ頭皮にはシャンプー剤が残っています。髪の毛が長い人は、シャワーを持っていない片方の手で、髪の毛をかきわけながら丁寧にすすぐようにしましょう。

こんなシャンプーの仕方やシャンプー剤はNG!

紹介した正しいシャンプーの仕方は、一見面倒に感じるかもしれませんが、やってみると案外簡単です。洗い上がりの違いを、すぐに実感することができるでしょう。

ここでは、抜け毛や薄毛を招くNGなシャンプーの仕方や、悪影響を与えるシャンプー剤について挙げてみます。今までのやり方を見直して、正しい方法を習慣にするきっかけにしてください。

  • シャンプー剤を直接髪の毛や頭皮にふりかける
  • 泡が立つまで、ゴシゴシ洗う
  • かゆいところは特に念入りに、擦るように洗う
  • すすぎ洗いは、泡がなくなったら終了
  • 余洗いやすすぎ洗いに熱いお湯を使う
  • 頭皮の血行を良くするため、熱いお湯を頭皮にかけている
  • スカッとするシャンプー剤が好きなので、清涼剤入りのものを愛用している
  • 皮脂のテカリや頭皮のニオイが気になるので、洗浄力の強い男性用シャンプーを使っている
  • 髪の毛をサラサラにしたいので、シリコン入りシャンプーを使っている

頭皮の健康を保つなら育毛シャンプーがおすすめ!

正しいシャンプーの仕方をマスターしても、頭皮のかゆみやフケ、嫌なニオイが改善されないときは、シャンプー剤を見直すことが大切です。市販の安価なシャンプーよりは少し価格が上がりますが、オーガニック系の育毛シャンプーに切り替えるのも、頭皮を健康に保つための一つの方法です。では、育毛シャンプーについて詳しく見ていきましょう。

市販のシャンプーはどうしてだめなの?

NGなシャンプー剤でも紹介したように、市販の安価なシャンプー剤には、頭皮をすっきりさせるためのアルコール成分や、爽やかな香りを演出するための化学香料、泡立ちを良くするための石油系界面活性剤などが配合されています。

これらの化学薬品は、頭皮に全く必要ないだけでなく、その刺激がアレルギーや頭皮トラブルを起こし、抜け毛や薄毛を招きます。

また、男性用シャンプーとして市販されているものの中には、強力な洗浄力によって頭皮の皮脂やニオイを落とすシャンプーがあります。しかし、必要な潤いまで落としてしまうため頭皮が乾燥し、乾燥性のフケやかゆみの原因になることがあります。

さらに、乾燥した頭皮は、身体の防衛反応によって、もっと皮脂を分泌させようとします。すると、頭皮の表面は乾燥しているのに、毛穴の中は皮脂が過剰に分泌されている状態になり、ニキビや湿疹などのトラブルが起こりやすくなります。

育毛シャンプーについて

育毛シャンプーという名前は、あくまでも俗称です。「頭皮を健康に導くシャンプー」と考えるのが良いでしょう。育毛シャンプーは、天然成分をメインに配合した頭皮にやさしいものです。市販のシャンプーに比べて、頭皮や髪の毛に悪影響を与えるものを、できる限り排除しています。

配合成分は商品によって異なりますが、頭皮を傷めない洗浄成分にプラスして、頭皮を健やかに保つ成分が入っていることが多いです。頭皮のフケやかゆみを改善して、ニキビや湿疹などの炎症を予防するために、抗菌・抗炎症効果のある成分が配合されているのも特徴です。

おすすめの育毛シャンプーは?

チャップアップの「オーガニック・スカルプケアシャンプー」は、植物系成分が22種類とオーガニック成分が10種類も配合されたもので、シャンプーしながら頭皮のスキンケアもできる、おすすめの育毛シャンプーです。

毛髪診断士と美容師が共同開発したものです。これを使って毎日正しくシャンプーすると、トラブルを改善して頭皮の健康状態を保つことができます。これが、抜け毛や薄毛の予防につながるでしょう。

チャップアップの育毛ローションとセットで購入すると、割引になるサービスもあります。一度チェックしてみましょう。

間違ったシャンプーは、頭皮トラブルや抜け毛の原因になります。これを機に自分が無意識に行っているやり方を見直し、正しいシャンプーの仕方をしっかりとマスターすることをおすすめします。シャンプー剤にも気を配り、育毛に適した健康な頭皮づくりに励みましょう。