整髪料の洗い残しが薄毛や抜け毛を増やす原因になるので注意

髪の毛をカッコよく整えるために、整髪料は欠かせません。しかし、「整髪料を使うとハゲるの?」という疑問を持っている人は多いです。整髪料を使うと、薄毛や抜け毛の原因になるのでしょうか?この記事では、整髪料と薄毛や抜け毛の関係について紹介します。

整髪料と薄毛の関係性について

整髪料にはヘアスプレー、ヘアジェル、ヘアムース、ヘアワックス、ヘアリキッドなどがありますが、正しく使わなければ、薄毛や抜け毛の原因にもなりかねません。詳しく見ていきましょう。

整髪料を使うとハゲるの?

「整髪料を使うとハゲるのか?」という疑問ですが、使い方を間違ってしまうと、薄毛や抜け毛のリスクは高まります。具体的には、次に挙げる3つがNG項目です。その理由をそれぞれ説明します。

NG1. 頭皮に整髪料を直接つける

整髪料を頭皮に直接つけると、その成分で頭皮が炎症を起こすことがあります。すると、抜け毛が生じて薄毛が進行するきっかけになりがちです。また、毛穴が整髪料でふさがれた状態になると、新しい髪の毛が成長しづらくなります。

NG2. 整髪料をつけたまま眠る

整髪料を落とさずにそのまま眠るのは、髪の毛にとって危険です。頭皮に直接つけていなくても、髪の毛についた整髪料が枕につき、それが間接的に頭皮についてしまうからです。整髪料の中に入っている油分が酸素に触れて酸化すると、頭皮が炎症する原因になり、それが抜け毛を引き起こします。

さらに、私たちの髪の毛は、寝ている間に分泌される成長ホルモンによって育つものです。しかし、整髪料をつけたまま寝てしまうと、毛穴が詰まった状態になり、新しい髪の毛がうまく出てくることができなくなります。

NG3. 整髪料を洗い流すために、シャンプーをし過ぎる

整髪料が頭皮や毛穴に残ると薄毛や抜け毛のリスクが高まることを考えて、シャンプーを念入りにする人がいます。シャンプーで整髪料を洗い流すのは、髪の毛にとってとても良いことです。

しかし、過度にシャンプーをし過ぎるのは危険です。髪の毛には乾燥から保護するためにある程度の皮脂が必要ですが、その皮脂まで取り除いてしまうからです。皮脂が足りない状態の頭皮では乾燥が起き、炎症を起こしやすくなります。

また、皮脂をシャンプーで取り過ぎてしまうと、私たちの身体では防御反応が働いて、皮脂の分泌が過剰になることがあります。すると、過剰な皮脂によって炎症が起きたり毛穴が詰まったりするので、やはり髪の毛にとって良くない状態になるでしょう。

正しい整髪料の使い方

では、正しい整髪料の使い方とはどのような方法でしょうか?それはずばり、NGな整髪料の使い方の逆を行えば良いということです。つまり、「整髪料は頭皮につけず」、「寝る前に必ず落とす」、そして「シャンプーはし過ぎない」ことが大切です。

整髪料は髪の毛の根元や頭皮につけない

整髪料は、髪の毛の根元や頭皮にはつけないようにします。スプレーやジェル、ムースは毛先を中心につけます。ヘアワックスは髪の毛の根元につけないとセットしにくいので、薄毛や抜け毛が気になる人は他の整髪料を使用しましょう。ヘアリキッドは頭皮につくことが多いので、薄毛や抜け毛を気にする人は使わない方が良いです。

整髪料を寝る前に必ず落とす

整髪料は、必ず寝る前にシャンプーで落としましょう。なかには、シャンプー剤を多めに使ったり二度洗いしたりする人もいるかもしれませんが、洗い過ぎは頭皮の乾燥を招き、固くなって育毛しにくくなります。シャンプー剤は適量をとって使いましょう。

薄毛や抜け毛を気にしている人は、整髪料を使用する機会を少なくしてシャンプーする回数を減らしましょう。シャンプー剤の使用は2日に1回、それ以外はお湯だけで洗う「湯シャン」を行うのが理想です。

しっかりと洗い落とすには?

整髪料をしっかり洗い落とすには、シャンプーを正しく行うことが大切です。これを機に、正しい方法を身につけましょう。また、シャンプー剤選びも大切です。おすすめはアミノ酸系なので、これについても詳しく紹介します。

正しいシャンプーの仕方

正しいシャンプーの仕方は以下のとおりです。この方法で寝る前に整髪料をしっかり落とし、頭皮をケアしていきましょう。それが、薄毛改善につながります。

  1. お湯で頭皮と髪の毛の汚れを洗い流す
  2. 水分をある程度取り除く
  3. シャンプー剤を手のひらで泡立てる
  4. シャンプー剤の泡を髪の毛にのせていく
  5. 両手の指の腹で頭皮を揉みこむようにマッサージしながら洗う
  6. 入念にすすぐ

1の余洗いをしっかり行うと、お湯だけでもほとんどの汚れを取り除けます。2でその後に使うシャンプー剤が薄まることを防げます。4でシャンプー剤を頭皮に直接つけると、毛穴にシャンプー剤が残る原因になるので注意しましょう。

6はすすぎ過ぎて悪いことはありません。シャンプー剤をきれいに洗い落とせるまで、最低3分はすすぎましょう。

シャンプー剤はアミノ酸系で

シャンプー剤は、頭皮に優しいアミノ酸系を使用しましょう。人気の育毛剤、チャップアップのシリーズとして販売されているチャップアップシャンプーは、アミノ酸系のシャンプー剤で洗浄力も高いです。頭皮の乾燥を防ぐ成分や炎症を抑える成分も入っているので、安心して使用できるでしょう。

整髪料を洗い流して髪の毛を乾かした後は、チャップアップの育毛ローションで頭皮のケアをしっかりと行うと、より薄毛を予防できます。

整髪料はオシャレのために毎日使いたいものですが、薄毛や抜け毛が気になる人は、使用頻度を抑えて頭皮にかかる負担を減らしましょう。使った日も、紹介した方法で整髪料をしっかり落とす習慣をつけましょう。それが、薄毛や抜け毛に悩まない頭皮環境をつくるポイントです。