リアップとチャップアップの成分や副作用の違いを比較

リアップは、テレビCMなどでもよく流れていますから、
育毛剤としては知名度は高いです。
このリアップとチャップアップ、比べてみるとどうなのかをここではまとめました。

それぞれの特徴は

リアップは、日本では唯一の医薬品の育毛剤です。
第一類医薬品ですので、医師の処方箋までは必要ないものの、
薬局で薬剤師による説明を受けた上で購入する必要があります。

それに対してチャップアップは、医薬部外品の育毛剤です。
医薬品と医薬部外品の違いは、「効果の違い」ということになります。

医薬品は、厚生労働省が「効果が高い」とみなすものを認可します。
それに対して医薬部外品は、「効果はあるけれど緩和なもの」が認可されます。

育毛剤としての効果は、「チャップアップよりリアップのほうが高い」と、
厚生労働省はみなしていることになりますね。

含まれる成分

リアップ

リアップに含まれる主な育毛成分は、「ミノキシジル」です。
ミノキシジルに発毛効果があるとされていて、その他に含まれる成分は、
次のような効果があります。

  • ピリドキシン塩酸塩 …皮脂の過剰な分泌を抑え、薬剤を浸透しやすくする
  • トコフェロール酢酸エステル …頭皮の炎症を抑える
  • t-メントール …炎症やかゆみを抑える、爽快感を与える
ミノキシジルとは?

ミノキシジルは、元々高血圧の治療薬として開発されていたそうです。
ところが臨床試験中に発毛効果が見られたので、
育毛剤として販売されることになったのだとか。

高血圧の薬なので、血管を拡張し、血流を促進することで、
血圧を下げる働きがあります。

血流が促進されれば、頭皮の毛母細胞に栄養が行き渡るようにあり、
それで毛母細胞が活性化、再び発毛を開始するというわけです。

ミノキシジルは、濃度によって効果がちがいます。
リアップX5は、ミノキシジルの濃度は5%です。

生え際には効果がない場合もある

以上のようにリアップは、配合されているのは血流を促進する成分だけです。
そのため男性型脱毛症(AGA)には、効果が見られないこともあるようです。

AGAを発症すると、男性ホルモン「テストステロン」が、
酵素「5αリダクターゼ」の作用を受け、
「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化します。

DHTが毛母細胞に作用すると、毛母細胞は活動を止め、髪の毛は抜けてしまいます。

このAGAによる抜け毛を抑制するのが、医薬品としては「プロペシア」で、
病院などで治療を受けると、
プロペシアとミノキシジルの両方を処方されることが多いそうです。

ミノキシジル単独だとAGAによる抜け毛を抑制できず、
そのためリアップは、頭頂部の薄毛には効果が高いものの、
AGAによる生え際の後退には、効果がないことがあるようです。

チャップアップ

チャップアップには、44種類の成分が含まれています。
それにより、ただ発毛効果だけに留まらず、薄毛の原因の一通りに目配せし、
幅広く対応できるようになっているのが特徴です。

発毛促進成分

リアップの場合ならミノキシジルに相当する発毛を促進する成分は、
チャップアップの場合、

  • M-034
  • センブリエキス

をはじめとして、12種類が配合されています。

M-034は海藻由来の天然成分で、血流を改善することによる発毛促進作用があり、
その効果は「ミノキシジルと同等」といわれています。

センブリエキスには細胞分裂を促進する作用があり、
毛母細胞を活性化する作用があります。

硬化の改善成分

頭皮のタンパク質や脂肪が糖分と反応すると、変性して硬くなり、
頭皮に悪影響を与えます。
それを改善する成分が、ウメ果実エキスなど3種類含まれます。

皮脂の過剰分泌を抑える成分

頭皮の皮脂が過剰に分泌すると、毛穴を詰まらせたり、
ニオイを発したりするようになります。
それを抑制するための成分が、ダイズエキスなど2種類含まれます。

5αリダクターゼを抑制する成分

AGAが発症し、DHTが生成している場合のために、
DHTを生成する5αリダクターゼを抑制する成分が含まれます。
オウゴンエキスなど4種類です。

頭皮環境を改善する

保湿・バリア機能正常化・ターンオーバー正常化などの作用により、
頭皮環境を改善する成分が、ローズマリーエキスなど10種類含まれます。

髪の毛を育てるアミノ酸

髪の毛を育てるためには、多くのアミノ酸が必要です。
それが13種類含まれます。

副作用は?

育毛剤を選ぶ場合、副作用があるかないかも、重要な判断基準になりますよね?

チャップアップは、配合される成分はすべて天然由来の成分なので、
副作用はありません。
医薬部外品は、そのような副作用がない製品が認可されます。

それにたいしてリアップは医薬品ですから、副作用があります。
第一類医薬品は、薬局で売られている医薬品の中では、
もっとも重い副作用があるものです。

リアップの副作用について

リアップX5プラスについて、使用者の8.7%が副作用を発症したと、
発売元の大正製薬は発表しています。

使用者の10人に1人に近い人に副作用があるというのは、
第1類医薬品の中でも副作用リスクは高めだといえます。

リアップの副作用は多岐にわたります。
代表的な症状として、
肌荒れ・炎症・フケ・心拍数の増加・血圧低下・頭痛・めまい・胸焼け
など。

その他に、性欲減退や勃起不全の症状が出ることもあるようです。

また高血圧や低血圧で治療中の人、心臓または腎臓に障害がある人は、
基本的に使用できません。
誤って使用した場合、死亡するリスクもあり、これまで実際に死亡例も出ています。

リアップは使用をやめると元の状態にもどってしまう

これは副作用とはいえませんが、リアップは使用するのをやめると、
元の薄毛の状態へ完全にもどります。
場合によっては、元よりもひどい状態になることもあるそうです。

これはリアップによる薄毛改善効果が、強力な医薬品の力によるものだからです。
医薬品の作用がなくなってしまえば、症状は一気に元へもどることになります。

なので一度リアップを使い始めたら、髪がフサフサした状態を保とうと思ったら、
一生使い続けなければなりません。

それにたいしてチャップアップなど医薬部外品の育毛剤は、
使用をやめると症状が悪化することはありますが、
完全に元の状態にもどることは少ないそうです。

それは医薬部外品の育毛剤は、体質自体を改善する効果があるからです。
育毛剤を使用することにより、以前より体質が改善されるため、
使用をやめても以前よりは改善された状態になるようです。

価格はどう?

育毛剤を選ぶ場合、価格も重要なポイントです。

チャップアップは1本だけを購入した場合、7,400円です。
リアップは、販売店により多少値段が異なりますが、
7,500円前後で、ほぼ同じです。

ただしチャップアップは定期購入をすることができます。
2本を定期購入すると、1本あたり6,000円になりますから、こちらの方が安いです。

返金保証は?

チャップアップは、30日間の返金保証がついています。
30日以内なら、どんなに使ってしまっていても、
容器を送り返すことで、代金が返金されます。

それにより、育毛剤が自分の肌に合うかどうか、
使用感が好みかどうかなどを確かめることができます。

それにたいしてリアップには、返金保証は設定されていません。
なので仮に使い始めてすぐに副作用が出てしまっても、
「授業料」だと割り切ってあきらめるしかありません。

結局どちらにしたらいい?

チャップアップとリアップのどちらを選ぶか考える場合、
やはりポイントになってくるのは「副作用」だと思います。

多少効果が低くても、副作用のない安全なものを選ぶか、
副作用があってもいいから効果が高いものを選ぶか……。

これは、人それぞれの考えによるものだと思います。
自分はこれから結婚しなくてはなりませんし、
性欲減退や勃起不全があると困りますので、チャップアップを選んでいます。

「効果が低い」というものの、自分の場合は薄毛を食い止められましたので、
十分な効果はあると思います。