抜け毛対策のために使いたいおすすめシャンプー

シャンプーするたびに抜け毛の多さに驚くという人は、「どうにかして減らすことができないか」切に願っていることでしょう。髪の毛が1日1本も抜けない人はいませんが、抜け毛が多くなればなるほど、薄毛になる懸念が出てくるものです。ここでは、抜け毛の原因や対策について、しっかりと説明していきます。

抜け毛の原因と対策

抜け毛はどれくらい多くなると、薄毛になる心配が出てくるのでしょうか?その目安や判断の仕方に続き、抜け毛が起きる身近な原因や対策方法について見ていきましょう。

1日に抜ける髪の毛の目安

もちろん個人差はありますが、健康な人でも1日100本〜130本抜けると言われています。特にシャンプー時は一番抜け毛が生じやすく、1回のシャンプーにつき30本〜70本が抜けてしまいます。

健康な状態の髪の毛は一定のヘアサイクルをくり返しているので、抜け毛が起きても、その下からまた新しい髪の毛が生えてきます。ですから、寝起きの枕や排水溝に多少の抜け毛があっても、気にしすぎる必要はないでしょう。

しかし、1日に100本以上、シャンプー時に70本以上抜けた時は、薄毛を心配するべき段階といえます。正確な数を知ることはなかなか難しいですが、「抜け毛の量が急に増えた」「抜け毛を見ると、細い毛や切れ毛、枝毛が混じっている」などに当てはまる場合は要注意です。

細い抜け毛や切れ毛、枝毛は、髪の毛の質が悪くなっている証拠です。健康に太く育つはずの髪の毛が、育つ前に抜け落ちると、このような症状が現れます。

抜け毛がおきる原因

抜け毛の原因は、食生活や皮脂の過剰分泌、運動不足、ストレス、睡眠不足、使用しているシャンプー、男性型脱毛症(AGA)など様々です。これらがどうやって抜け毛を引き起こすのか、それぞれ解説します。

原因1. 食生活

髪の毛が生えて成長するためには、食事から摂る栄養が重要です。特に気をつけなければいけないのは、ダイエットをしている時です。食事の量を減らす人が多いですが、この時に髪の毛に必要な栄養までカットしてしまうと、抜け毛を増やしてしまいます。

原因2. 皮脂の過剰な分泌

夏は紫外線や暑さの影響から、冬は乾燥から皮脂が過剰に分泌しがちです。皮脂が過剰になると、雑菌が繁殖して頭皮環境が悪化します。すると、髪の毛が正常に育ちにくくなって抜け毛を招きます。

原因3. 運動不足

運動不足になると、全身の血流が悪くなります。髪の毛に必要な栄養は血液によって運ばれるので、頭皮の血行が悪くなって栄養が十分に行き渡らないと、髪の毛の成長が阻害されて抜け毛が生じやすくなります。

原因4. ストレス

ストレスを受けると、私たちの身体で優位に働くのが、自律神経のうちの交感神経です。交感神経が働くと血管が収縮し、血行不良が起きて栄養が頭皮に行き届きにくくなるので、抜け毛の増加につながります。

原因5. 睡眠不足

成長ホルモンの働きにより、私たちの身体は睡眠中に修復したり成長したりします。ですから睡眠不足になると、頭皮の修復や髪の毛の成長が阻害される形になり、抜け毛を増やしがちです。

原因6. シャンプー

シャンプー剤そのものが頭皮に良くない場合もあります。例えば、洗浄力が高いシャンプーには頭皮にとって刺激となる成分が多く含まれているため、あまりおすすめできません。

また、シャンプーの仕方によっては、抜け毛を増やす原因になります。爪を立てて頭皮をゴシゴシ洗うのは厳禁です。シャンプー剤を直接頭皮につけると毛穴が詰まり、頭皮が炎症を起こして抜け毛を増やすこともあります。

原因7. AGA

頭皮全体ではなく、M字ハゲと呼ばれる前髪の生え際や頭頂部に集中して抜け毛が起きているなら、AGAの疑いがあります。AGAは、活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)が、髪の毛の成長を阻害することによって抜け毛を引き起こす症状です。

抜け毛の対策

上記で紹介した原因ごとの対策について、ここからは紹介していきます。また、AGAの疑いがある時はどうすれば良いかについても理解を深めましょう。

対策1. タンパク質を積極的に摂る

髪の毛の成分であるケラチンはタンパク質なので、特にタンパク質の摂取は重要です。納豆や豆腐などの大豆製品を積極的に食べつつ、バランスの良い食生活を心がけましょう。また、あくまでも食事の補助としてですが、育毛サプリを使って栄養補給する方法もあります。

対策2. 帽子で過剰な皮脂分泌を改善

皮脂が過剰に分泌される原因は様々なので、それに応じてたくさんの対策が考えられます。その中の一つとして挙げられるのが帽子です。紫外線を浴びると、頭皮の角質が剥がれてダメージを受けます。このダメージを受けた頭皮を守ろうと皮脂が分泌されるので、帽子を使って紫外線から頭皮を守るのは効果的といえるでしょう。

対策3. ウォーキングで運動不足を解消

運動不足を解消する方法でおすすめなのは、ウォーキングです。有酸素運動なので、全身の血流を良くすることができます。さらに、第二の心臓と呼ばれる脚のふくらはぎの筋肉も鍛えられるので、血液を全身に送り出す働きがよりアップするでしょう。

対策4. 森林浴でストレス解消

ストレスを解消するなら、森林浴がおすすめです。木々から発散されているフィトンチッドという物質にはリラックス効果があるので、抜け毛の大敵となるストレスから身も心も解き放ってくれるでしょう。

対策5. 日光を浴びて睡眠不足を解消

睡眠不足を解消したいなら、日光を浴びることが重要です。太陽の光には睡眠ホルモンに変化するセロトニンという物質をつくる力があるので、夜間に熟睡できるようになります。

さらに、眠りに入ってから1時間は成長ホルモンの分泌量が多くなるので、眠りの質を高めることも大切です。抜け毛が気になる人は、睡眠時間だけでなく睡眠の質にも気をつけましょう。

対策6. 育毛シャンプーを使用する

シャンプー剤は、育毛シャンプーを使いましょう。頭皮の皮脂を取り除いたり血行を促したりするほか、保湿や髪の毛のダメージケアをする効果があります。なかでもおすすめなのは、育毛ローションで知られるチャップアップのシリーズで販売されているチャップアップシャンプーです。

無添加なので頭皮に悪いものは入っていませんし、頭皮の炎症を鎮めて抜け毛を改善してくれるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

対策7. AGAにはチャップアップの育毛ローションを

「もしかしたら自分はAGAかな?」と思ったら、チャップアップの育毛ローションを試してみましょう。無添加・無香料で、AGAを引き起こすDHTを間接的に抑えるオウゴンエキスやチョウジエキス、ヒオウギ抽出液などの成分が含まれているのが特徴です。それでも効果がなかなか現れないようなら、AGAクリニックを受診してみると良いでしょう。

1日100本程度の抜け毛なら問題ありませんが、急に量が増えたり抜け毛の質が悪くなったりしているのを見つけたら、できる対策から徐々に始めましょう。特に抜け毛が顕著になりがちなシャンプー時のケアは重要です。チャップアップの育毛シャンプーに変えれば、効果的な抜け毛対策が期待できるでしょう。