育毛のために頭皮マッサージやツボ押しで血行を促進させよう

頭皮の血行が良いのは、育毛にとって大切なことです。滞りがちな血行を促すためには、頭皮マッサージを毎日の習慣にすることをおすすめします。この記事では、正しい頭皮マッサージの方法と、組み合わせて取り入れるとさらに効果が上がるストレッチなどを紹介していきます。

頭皮マッサージを習慣にする!

頭皮は血行が悪くなりやすいのに加え、皮脂や老廃物がたまるなどのトラブルが起こりやすい場所でもあります。頭皮マッサージを習慣にすると、健康で若々しい頭皮を保ち、育毛効果を得ることができます。まずは、その効果をしっかりと理解したうえで、頭皮マッサージの正しい方法を見ていきましょう。

頭皮マッサージの効果

頭皮は、血液を全身に届けている心臓よりも高い位置にあります。さらに、大きな筋肉が周りにないため、どうしても血行が滞りがちになってしまいます。頭皮マッサージで血行を促すと、どんな育毛効果があるのか見てみましょう。

効果1. 髪の毛の成長に必要な栄養を毛根に届ける

人の身体はとても合理的にできていて、生命の維持に必要な場所から栄養を補給するようになっています。そのため、血行不良になると、まず内臓や脳に栄養が届き、髪の毛や爪などは後回しになってしまいがちです。

髪の毛の成長に必要な栄養分は、毛細血管によって、毛根にある毛乳頭に届けられます。正しい方法で頭皮をマッサージすると、頭皮の隅々にまで栄養が行き渡り、健康で丈夫な髪の毛を育てられます。

効果2. 新陳代謝を活発にし頭皮の老化を予防する

汗や汚れ、頭皮の過剰な皮脂分泌などが原因で頭皮の毛穴が詰まると、髪の毛をつくっている毛乳頭の働きが弱まるため、薄毛や抜け毛を招いてしまいます。また、加齢や生活習慣の乱れなどで頭皮のターンオーバーが乱れると、老化が加速してさらに抜け毛を増やします。

頭皮マッサージは新陳代謝を活発にするので、頭皮のターンオーバーが活性化されます。すると、古い角質が剥がれ落ちやすくなって、毛穴の詰まりが自然と解消されます。髪の毛のもとになる毛母細胞も新たにつくられるため、トラブルのない健康な状態に改善して、頭皮の老化を予防することができます。

効果3. 育毛剤の浸透を高める

薄毛や抜け毛が気になり始めて、普段のヘアケアに育毛剤を取り入れている人も多いでしょう。もちろん、質の良い育毛剤を毎日使うだけでも、薄毛や抜け毛を改善できます。おすすめは、育毛剤の後に頭皮マッサージをする習慣をつけることです。育毛成分が頭皮に浸透しやすくなるので、育毛効果を早く感じることができるでしょう。

正しい頭皮マッサージの方法

頭皮にあまり負担をかけないよう、1回につき3〜5分程度で十分です。デスクワークの合間や湯船に浸かっている間、育毛剤を使った後に行うと効果的です。頭皮マッサージは、下から上に向かって行います。両手の指の腹を使って、頭皮を動かすように優しく揉みほぐすのが基本です。それでは、さっそくやってみましょう!

  1. 両手の親指を両耳の下あたりに当て、残りの指で円を描くように耳の周りを揉む
  2. ステップ1の場所から少しずつ指を上にずらしながら、側頭部を揉みほぐす
  3. 額の生え際から頭頂部に向かって、ステップ1〜2と同じように行う
  4. 後頭部の首の付け根から頭頂部も、同じように揉みほぐす
  5. 両手を熊手のような形にして開き、指の腹を頭皮に少し強く当て、頭皮を前後左右に動かす
  6. ステップ5で頭皮の動きが悪いと感じた部分を、もう一度揉みほぐす

頭皮にダメージを与えるNGなマッサージ法

間違った方法で頭皮マッサージを行うと、血行が改善されないばかりか、大切な頭皮にダメージを与えてしまうことがあります。以下に挙げるのは、やってしまいがちなNG方法です。

  • 固いブラシやクシで頭皮に刺激を与える
  • 力強く押しながら揉む
  • 頭皮を擦るように揉む
  • 爪を立てて揉む
  • スカッと刺激のあるトニックを使ってからマッサージする

頭皮マッサージと組み合わせて、さらに育毛効果アップ!

頭皮マッサージを行うだけでも、頭皮の血行が良くなって育毛効果を実感できます。さらにいくつか組み合わせると、効果をよりアップさせられるでしょう。ここでは、「首と肩のストレッチ」「頭皮のツボ押し」を紹介します。頭皮マッサージや育毛剤と組み合わせるときの順番も説明するので、ぜひ取り入れてみてください。

首と肩のストレッチ

血液は、心臓から首にある頚動脈を通って頭皮に流れます。そのため、肩や首がこっていると、頭皮への血行が滞ってしまう原因になります。これを防ぐのにおすすめなのが、首と肩のストレッチです。朝起きたときやデスクワークの合間に行うと、頭もスッキリします。座っていても立っていてもできるので、以下の手順でやってみましょう。

  1. 背筋を伸ばして両手を頭の後ろで組む
  2. 息を吐きながら、頭を下に向ける
  3. 大きく深呼吸しながら、組んだ手に少し力を入れ、頭をさらに下に向ける
  4. 右手を頭頂部に置き、頭を右斜め下に傾けて右の床を見るようにし、深呼吸しながら10秒キープする
  5. 左側も、反対の手でステップ4と同じように行う
  6. 大きく深呼吸しながら、時計回りに頭をゆっくり2周回す
  7. 反時計回りも、ステップ6と同じように行う

頭皮のツボ押し

東洋医学では、ツボを刺激することも血行促進の効果があります。ツボ押しのコツは、頭皮に対して垂直の角度で、指の腹を使ってゆっくりと押すことです。強い力で押しすぎないよう注意しましょう。「息を吐きながら5秒ほど押して、ゆっくり離す」という動作を、1つのツボに対して2〜3回行います。

次の3つが、頭皮の血行を促進するツボです。この記事を読みながら探して、上記の方法で押してみましょう。

百会(ひゃくえ)

頭の頂点にあるツボで、「万能ツボ」とも呼ばれるほど、全身の血液循環を促す場所です。抜け毛予防にも効果があります。健康な頭皮では「痛いけど気持ちいい」場所ですが、血行が悪くなっていると硬かったり、まったく痛みを感じなかったりします。ツボが少し柔らかくなる程度まで、ゆっくりと押しましょう。

通天(つうてん)

百会の少し前方で、左右の眉頭からまっすぐ上がった場所にある2点のツボです。血行促進のほか、眼精疲労を解消する効果もあります。

角孫(かくそん)

耳のすぐ上のくぼんだ場所にあるツボです。耳を折りたたむようにすると探しやすいです。血行促進のほか、頭痛や耳鳴りの緩和、肩こりや眼精疲労の解消にも効果があります。

頭皮マッサージと組み合わせる順番を覚えよう!

頭皮ケアを組み合わせる際の効果的な順番を紹介します。所要時間は10分程度です。もちろん、すべてを毎日やるのがベストです。しかし、忙しくてなかなか時間がとれないときは、頭皮マッサージと育毛剤の組み合わせを毎日のケアにし、週末のくつろぎタイムや疲れがたまったときなどにフルコースで行っても良いでしょう。

  1. 首と肩のストレッチ
  2. 頭皮のツボ押し
  3. 育毛剤
  4. 頭皮マッサージ

育毛剤を使った後に頭皮マッサージを行うと、血行を促して健康な状態に改善し、育毛効果をアップさせることができます。紹介した方法やアドバイスを参考に、毎日の習慣に取り入れましょう!