チャップアップの効果が実感できない人は使用方法を再チェックしよう

「人気の育毛剤チャップアップを使い始めたのに、全然効かない!」とガッカリしていませんか?実は、効果が実感できないのは、使い方が間違っていることが多いです。

この記事では、チャップアップの正しい使用方法や、効果を実感するために注意したいヘアケアについて紹介します。本来の優れた育毛効果を得るための参考にしてください。

チャップアップを使っても効果が出ない?

薄毛や抜け毛が気になり始めて、口コミやユーザー評価の高いチャップアップを使っているのに、効果が感じられないとガッカリですよね。そんな人には、次の4つのような理由が考えられます。

理由1. 使用方法が間違っている

チャップアップを含む育毛剤は、毎日使い続けることがとても大切です。そして、決められた使用量や回数を守ることも、育毛成分を効率よく頭皮に浸透させるポイントです。

チャップアップは、一回の使用量が頭皮全体で約30プッシュ、1日1〜2回の使用で効果を発揮します。気が向いたときに使ったり、少量を塗布したりしても、効果を感じることはできません。

理由2. 効果を感じる期間に満たない

頭皮を健康に改善して、毛根で新しい元気な髪の毛が育つ効果を実感するためには、半年から1年くらいの期間が必要です。これは、新しい髪の毛が生えてきて、古い髪の毛が自然に抜け落ちていくヘアサイクルに必要な期間です。

チャップアップを使い始めて1〜2ヶ月では、効果を実感するにはまだ短いため、根気よく使い続けることが大切です。

理由3. 頭皮に炎症がある

頭皮に、ニキビや湿疹、脂漏性皮膚炎などの炎症がある場合、チャップアップを含む育毛剤で治療することはできません。炎症から起こる抜け毛や薄毛は、まず皮膚科などの専門医でしっかりと炎症の治療を受けてからでなければ、育毛剤では改善することができません。

理由4. AGA(男性型脱毛症)や老人性脱毛症が原因の脱毛

AGAにより薄毛からハゲに進行してしまっている場合は、チャップアップなどの育毛剤では、高い効果が期待できません。

60代以降に起こりやすい老人性脱毛症も、身体全体の細胞を更新する能力が衰えているため、育毛剤で太く健康な髪の毛を育てるのは難しいでしょう。これら2つの原因であれば、AGAクリニックなどの専門医を受診することをおすすめします。

間違った使い方をしていないかチェック!

「チャップアップが効かないから、せっかく買ったけど使うのを止めようか…」などと判断する前に、自分の使い方が間違っていないかどうか、見直してみましょう。以下に挙げるのは、よくありがちな間違った使い方です。自分に当てはまるものがあるかどうか、チェックしてみてください。

  • 毎朝、頭皮全体がベタベタになるまで塗布した後、ドライヤーで乾かしている
  • 週に1度か2度、たっぷりと使っている
  • 薄毛が気になるところだけに、毎日1回必ず使っている
  • 薄毛が気になるところは、頭皮全体に塗布した後でもう一度塗っている
  • 毎日塗布して、しっかりと頭皮にすりこんでいる
  • 髪の毛を洗った後に塗布して、効果が出るようそのまま放置しておく
  • 早く効果を出したいから、1日3回使っている
  • 使い忘れることが多いので、思い出したときにたっぷり使うようにしている
  • 効果を出すために、塗布した後ブラシで頭皮に刺激を与えている
  • ニキビやかゆみが強い湿疹のある場所には、特に念入りに塗っている
  • 頭皮の脂っぽさが気になる場所には、余計にベタつくので塗らないようにしている

チャップアップの正しい使い方

チャップアップは、強い刺激や副作用の心配がない天然由来成分がメインの育毛剤です。そのため、継続して長く使えるのが魅力です。優れた育毛効果を実感するためには、正しい使用方法をマスターして、毎日の育毛ケアを習慣にすることがとても大切です。

1日1回の使用でも効果を十分に感じられますが、1日2回、朝晩に使うと、さらに効果を高めることができます。ここでは、洗髪後に使う際の手順を紹介します。

  1. 洗髪後、乾いた清潔なタオルで髪の毛の水分をしっかりと拭き取る
  2. ドライヤーの温風で頭皮を乾かす
  3. 頭皮全体に、チャップアップを少しずつ、30プッシュほど拭きかける
  4. 両手の指の腹を使って、頭皮全体を柔らかく揉むようにマッサージする
  5. 髪型を整える

朝の身支度時など、髪の毛が乾いた状態で使う場合は、ステップ3〜5のみを行います。
ステップ1では、タオルで頭皮を擦らないように気をつけましょう。ステップ2では、ドライヤーを頭皮に近づけすぎず、20センチくらい離して使うようにしましょう。

ステップ4では、指で頭皮を擦ったり強く押しすぎたりしないように気をつけましょう。
ステップ5では、ブラシやクシを頭皮に強くあてないようにします。

効果を実感するために知っておきたいこと

使い方以外にも、気をつけたいヘアケアのポイントがあります。毎日知らず知らずのうちにやっていることがチャップアップの効果を半減させてしまわないよう、ここでしっかりと確認しておきましょう。

ポイント1. シャンプー剤が刺激になっていないか?

チャップアップを使っていても、頭皮のかゆみやフケが改善されない場合、その原因がシャンプー剤にあることも多いです。いま使っているシャンプーに、石油系界面活性剤や香料、着色料、シリコンなどが配合されていないかチェックしてみましょう。

これらの薬品は、頭皮に刺激を与えたりアレルギーを引き起こしたりして、フケやかゆみの原因になっている可能性があります。

いくら育毛効果の高いチャップアップを使っていても、髪の毛を清潔にするはずのシャンプーが頭皮トラブルの原因になっていては、元も子もありません。できるだけ化学薬品無添加の、アミノ系シャンプーに切り替えることをおすすめします。

チャップアップのシリーズには、天然成分配合のシャンプーもあるので、育毛剤とセットで使うのも良いでしょう。

ポイント2. 整髪料の使い方は間違っていないか?

チャップアップを使った後、ワックスやジェルなどで髪型を整えていますか?そのときに、整髪料が頭皮につくなどしていませんか?

整髪料はチャップアップの効果を邪魔するだけでなく、含まれている化学薬品によって、頭皮トラブルを起こす可能性があります。整髪料は髪の毛だけにつけて、根元や頭皮に付着しないように気をつけましょう。

ポイント3. ブラシやクシで抜け毛をつくっていないか?

ブラシやクシで髪の毛を引っ張りすぎると、牽引(けんいん)性脱毛症という症状が起こりやすいです。抜け毛が増えるのに加え、毛根が弱くなるので、新しい髪の毛が育ちにくくなります。

また、頭皮を強く擦るようにブラッシングしていると、頭皮に傷がつき、そこから雑菌が繁殖して、ニキビや湿疹、フケなどの頭皮トラブルを招きます。せっかくのチャップアップの効果を損なわないためにも、ブラシなどはなるべく頭皮にあてないようにして使いましょう。

チャップアップの正しい使い方をマスターすれば、育毛効果をしっかりと実感することができます。紹介した方法や気をつけるポイントをしっかり押さえて、効果が現れる日を楽しみに、育毛ケアに励みましょう。