女性の薄毛の悩みを改善するおすすめの育毛剤は?

「髪は女の命」と言われるほど、女性にとって髪の毛はとても大切です。それだけに、薄毛の兆候が表れてくると、深く悩んでしまうのではないでしょうか?そこで、女性の薄毛の症状と原因を紐解きながら、しっかりと対策できる育毛剤を紹介します。

女性の薄毛の悩みについて

改善を図るには、原因を知ることが重要です。まずは女性の薄毛の症状やその原因、なりやすい人の特徴をしっかりと見ていきましょう。そのうえで、効果的な育毛剤についてアドバイスします。

女性によく見られる薄毛の症状

女性の薄毛の症状は、次の4つに分けられます。全体が薄くなってしまう症状や分け目が広がってしまう症状、産後に脱毛が増える症状、円形脱毛症について、それぞれ詳しく説明します。

地肌が薄い

女性の薄毛で多く見られるのが、頭全体の髪の毛が薄く、地肌が透けた状態になっている症状です。これを「びまん性脱毛症」と呼びます。「びまん」とは、全体に広がっていることを指す言葉です。

髪の毛が細くコシがないので、ボリュームが減り、セットしにくくなります。少しずつ症状が表れ始め、気づかないうちに深刻な段階になっているパターンが多いです。また、原因が男性型脱毛症(AGA)と似ているため、女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ぶこともあります。

AGAの原因は、男性ホルモン・テストステロンと5αリダクターゼという酵素が結合してつくられる、活性型男性ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)です。DHTが髪の毛の素となる毛母細胞に入ると、細胞分裂が鈍くなります。

さらに、DHTはヘアサイクルを乱します。健康な状態のヘアサイクルは、髪の毛が育つ成長期が4〜6年、成長が止まる退行期が2〜3週間、抜け落ちる休止期が数か月です。ところがDHTが活性化されると成長期が短くなるので、髪の毛が十分に成長しないまま抜け落ち、薄毛になってしまいます。

女性の場合、テストステロンは男性の約20分の1と少ないのに加え、本来は女性ホルモン・エストロゲンによって影響を抑えられています。しかし加齢やストレス、生活習慣の乱れでエストロゲンが減ってしまうと、テストステロンと5αリダクターゼが合わさってDHTが生成されます。これがびまん性脱毛症を招く仕組みです。

分け目が薄い

女性特有の症状の一つに、髪の毛の分け目が薄くなってくることが挙げられます。これも、上記と同じ原因によるびまん性脱毛症の可能性が高いです。さらに別の要因として、「牽引性脱毛症」も考えられます。結ぶなどヘアアレンジするときに髪の毛が引っ張られると、負荷がかかるため抜けやすくなり、分け目から薄くなりがちです。

産後の抜け毛

産後の抜け毛も、女性特有の悩みといえるでしょう。産後脱毛症や分娩後脱毛症と呼ばれます。妊娠中はもう一つの女性ホルモン・プロゲステロンとともに、エストロゲンが増えます。エストロゲンは髪の毛の成長に大きく関わっているので、妊娠中に髪の毛が濃くなる人もいるほどです。

しかし産後は、エストロゲンが急激に減少します。すると、びまん性脱毛症と同じ仕組みで抜け毛が生じやすいです。

円形脱毛症

円形脱毛症は、円形にハゲができる症状です。原因として、ストレスを長期間受けることによる自己免疫疾患が考えられます。ストレスを受けると、私たちの身体は自律神経のうちの交感神経が優位に働きます。

この状態が長くなると、本来、ウイルスや細菌から身体を守る働きをしていた免疫細胞が、逆に身体を攻撃し始めることがあります。これが頭皮の毛根周辺で起きると、円形脱毛症を生じさせるという仕組みです。育毛剤では治すことができない病気なので、この症状が出たら皮膚科を受診しましょう。

女性で薄毛になりやすい人の特徴

薄毛になりやすい女性とは、どんな人なのでしょうか?具体的には、30代以上やストレスが多い人、食生活が乱れている人、運動不足の人、睡眠不足の人が挙げられます。年齢については変えられませんが、ストレスや食生活などは、意識づけることで見直せます。そうすれば、薄毛を改善できる可能性が高くなります。

30代以上

早い人では30代からエストロゲンが減ってくるので、30代以上になるとびまん性脱毛症になる可能性が高いです。卵巣機能が衰える更年期になると、さらにエストロゲンは減ります。閉経するとエストロゲンの分泌はさらに抑えられるので、薄毛になるリスクは高まるといえるでしょう。

ストレスが多い人

ストレスがかかって交感神経が働くと、血管が収縮し、血行不良が起きます。そうなると、生命の維持に直接関係する器官に優先的に血液が送られるので、命に関わらない頭皮には、髪の毛を育てるための栄養が運ばれなくなります。これが薄毛を引き起こすので、ストレスが多い生活を送っている人は注意が必要です。

食生活が乱れている人

髪の毛に必要な栄養は基本的には食事から取り入れるので、偏った食事が多い傾向にある人は、薄毛になりやすいのも当然です。特に女性の場合、ダイエットが大きな原因です。極端な食事制限をすると、栄養が不足して髪の毛がやせ細っていきます。タンパク質やビタミンB、C、E、亜鉛などをバランス良く摂れるメニューを心がけましょう。

運動不足の人

心臓から送り出された血液は、筋肉が血管を収縮させることによって運ばれていきます。そのため、運動不足によって筋肉が衰えている人は、血行不良になりやすいです。すると頭皮に栄養が届かず、育毛されません。

特に脚のふくらはぎの筋肉にはポンプの役割があり、「第二の心臓」と呼ばれるほど血液を運搬するのに重要な部分です。ウォーキングや自転車など有酸素運動をしながら、ふくらはぎの筋肉を鍛えましょう。

睡眠不足の人

睡眠が不足すると交感神経が働き、頭皮が血行不良になります。そのため睡眠も、薄毛を改善するために重要な要素です。特に入眠後3時間は、育毛に欠かせない成長ホルモンが活発に分泌されるので、この時間帯に睡眠の質を上げる努力をしましょう。

枕などの寝具を変えるのも一つの方法です。また、スマホのブルーライトは寝つきを悪くするので、寝る前に操作は控えましょう。

女性の薄毛におすすめの育毛剤は?

女性の薄毛に使用できる育毛剤はたくさんあるので、どれが良いのか迷うかもしれませんが、おすすめはチャップアップです。5αリダクターゼを阻害してDHTを抑える成分や頭皮の炎症を鎮める成分が入っているので、びまん性脱毛症や産後脱毛症、分け目が薄くなる牽引性脱毛症に効果的です。

センブリエキスなど血行促進作用のある成分も豊富に含まれているので、血行不良による薄毛も改善に導けるでしょう。さらにうれしいポイントは、チャップアップには副作用がほぼないことです。安心して使えるでしょう。定期便なら全額返金保証も付いているので、万が一満足い買ない場合は返金してもらえいます。

ここで挙げた食生活や生活習慣に心当たりがある人は、すぐに見直す努力を始めることをおすすめします。さらに育毛剤を継続して使うと、効果的に薄毛を改善できます。どの育毛剤を選んだら良いのかわからない人は、全額返金保障のあるチャップアップから試してみましょう。