乾燥しがちな冬の薄毛対策は?

冬は空気が冷たく、乾燥しますから、頭皮と髪の毛には過酷な季節です。
冬にはどのようにヘアケアをすべきなのか、冬の薄毛対策をまとめました。

冬特有の髪への悪影響は?

悪影響1 気温が下がるので頭皮の血流が低下する

まず冬特有の季節的要因として上げられるのが、気温が下がること。
気温が下がると、特に頭皮や顔など外に露出している部分は血管が収縮し、
少しでも熱を外に逃がさないよう、体の防御機構が働きます。

血流は熱を運ぶので、それを抑えることで熱を体内に溜め込もうとするわけです。

すると頭皮の血行が悪くなりますので、
血液が栄養を十分運ぶことができなくなります。

髪の毛を作る毛母細胞は、頭皮の毛細血管から栄養を取り込みます。
血行が悪くなれば、必要なだけの栄養を取り込むことができなくなり、
これが抜け毛につながります。

悪影響2 頭皮と髪の毛が乾燥する

また冬は空気が乾燥しています。
するとどうしても、頭皮と髪の毛も乾燥しがちになりますよね?

まず頭皮は乾燥すると、バリア機能が低下します。
皮膚は角質に保持された水分によって、
外部からの雑菌や紫外線から内部を守るようになっているからです。

すると頭皮は雑菌に感染し、炎症が生じやすくなります。
頭皮の炎症は、フケやかゆみ、さらには抜け毛の原因になります。

また髪の毛も、乾燥するとキューティクルが開いてしまい、柔軟性がなくなります。
その結果、パサつき・切れ毛・枝毛などが起こり、抜けやすくなります。

悪影響3 皮脂の過剰分泌が起こる

これは意外な感じがする人も多いと思いますが、
冬は夏よりも、皮脂が過剰に分泌しがちな季節です。
これは体の防御機構によるものです。

皮膚は乾燥すると、バリア機能が低下します。
そこでバリア機能を少しでも維持しようとし、
皮脂を盛んに分泌するようになります。

皮脂は「悪者」のイメージがありますが、実は頭皮の表面を薄く覆うことにより、
頭皮を乾燥から守る役割を果たしているからです。

ところが皮脂を分泌しても、冬は乾燥を解消することがむずかしいため、
体はさらに皮脂を分泌することになり、これが過剰になってしまいます。

冬は、汗はかきません。
なので分泌された皮脂は粘度が高い「脂汗」の状態になりやすく、
毛穴を詰まらせやすくなります。

皮脂で毛穴が詰まると、この皮脂に雑菌が繁殖し、毛穴が炎症を起こします。
毛穴の炎症は、毛穴の奥にある毛乳頭に、深刻な悪影響を及ぼします。

悪影響4 生活が不規則になりがち

さらに冬は、気候的な条件だけでなく、社会的な条件も、頭皮に悪影響を与えます。

暴飲・暴食

まずは年末・年始の、忘年会・新年会。
ここで暴飲・暴食しがちですよね?

お酒の飲み過ぎは、血流の低下をまねき、
毛母細胞が十分に栄養を取り込むことができなくなります。

またタンパク質を作る器官である肝臓の機能が低下するので、
それが毛母細胞の栄養不足に拍車をかけます。

さらに飲み会の場では、脂分の多い食事が多いもの。
それが皮脂の過剰分泌をまねき、毛穴の炎症につながります。

お酒を飲むと、シメにラーメンを食べたりする人も多いと思います。
ラーメンは塩分過多になりやすく、これは血流の低下につながります。

ストレス

また年末・年始は、仕事の追い込みや新生活のスタートなどで、
ストレスが溜まりやすい時期です。

ストレスは自律神経のバランスを崩すことから、
血流の低下をまねき、薄毛の原因につながります。

冬の薄毛対策は?

対策1 帽子をかぶろう

冬になると厚着をする人でも、
頭部は外気に露出したままになっていることは多いものです。
でも冬は帽子をかぶり、頭皮を冷えと乾燥から守るのがおすすめです。

ただし帽子は、中が蒸れないよう、注意が必要です。
頭皮が蒸れると、雑菌の繁殖をまねき、頭皮にダメージを与えます。

室内に入ったときには、帽子は必ず脱ぐようにしましょう。
特にニット帽など保温性が高く、通気性が低い帽子は、
蒸れやすいので注意しましょう。

対策2 シャンプーで洗い過ぎないようにする

冬は皮脂の過剰分泌が起こりやすくなります。
冬になると、頭が臭うようになる、などという人もいるのではないでしょうか?

なのでどうしても、シャンプーを必要以上に念入りしてしまいがちです。

でも皮脂が過剰分泌するのは、根本的な原因は、「頭皮の乾燥」によるものです。
必要以上にシャンプーすることにより、頭皮をさらに乾燥させ、
皮脂の過剰分泌を悪化させることがあります。

冬のあいだは、それほど汗をかかない日なら、
シャンプーをするのは2日に1回くらいでもかまいません。

ただしチャップアップなどの育毛剤は、きちんと毎日使用します。

対策3 シャワーの温度を高くし過ぎないようにする

また冬はお風呂場も寒いので、シャワーの温度をどうしても高くしがちです。
でもシャワーの温度が高いと、
頭皮の皮脂を必要以上に取ってしまうことにつながります。

シャワーの温度は、夏と同様、ややぬるめと感じる38℃くらいが適当です。
もしそれでは寒い場合は、湯船にきちんと浸かって体を温めるようにしましょう。

湯船に浸かることにより、

  • 頭皮の血行を促進させる
  • リラックスしてストレスを解消する

など、育毛にプラスの効果があります。

湯船に浸かる場合も、お湯の温度は38℃くらいのぬるめにし、15分〜20分くらい、
ゆっくりと浸かるのがおすすめです。

対策4 暴飲・暴食は控え、髪によい物を食べる

飲み会は楽しくなると、つい暴飲・暴食してしまいがちですが、
それはなるべく控えるようにしましょう。

またシメのラーメンも、もしどうしても食べるのなら、
スープは全部飲まずに塩分を摂り過ぎないようにすることがおすすめです。

そのうえで、髪に良いものを積極的に食べるようにしましょう。

髪に良いものは、まずタンパク質。
脂肪のとり過ぎを避ける意味で、大豆製品や魚介類、卵、鶏肉などがおすすめです。

またビタミンも欠かせません。
野菜は豊富にとるようにしましょう。

さらに髪を健康に保つためには、「亜鉛」を摂る必要があります。
亜鉛は、牡蠣やレバー、バナナなどに多く含まれます。

対策5 早寝早起きを心がけよう

飲み会が続くと、夜寝るのも遅くなり、睡眠不足になりがちです。
でも髪は、夜寝ているあいだに育ちます。
睡眠不足は髪の成長に悪影響を与えます。

睡眠は、最低でも6時間は取るようにしましょう。

また髪の成長は、成長ホルモンの分泌量が多くなる、
夜10時〜2時のあいだに最も盛んになります。
早寝早起きを心がけることも大切です。