チャップアップの成分「グリチルリチン酸ジカリウム」の効果と副作用に関して

チャップアップに配合されている成分「グリチルリチン酸ジカリウム」とは、いったいどのようなものでしょうか?この記事では、グリチルリチン酸ジカリウムの効果と副作用について、詳しく紹介していきます。理解を深めて、あなたの育毛ケアに役立ててください。

基本情報

グリチルリチン酸ジカリウムは、グリチルリチン酸とカリウムの塩が組み合わさった成分で、「グリチルリチン酸二カリウム」「グリチルリチン酸2K」とも表記されることがあります。

グリチルリチン酸ジカリウムは、マメ科の甘草(カンゾウ)という生薬から抽出した成分グリチルリチンの誘導体です。甘草は、砂糖の100倍とも言われるほど強い甘みを持ちますが、その甘みの主成分がグリチルリチンです。

誘導体であるグリチルリチン酸ジカリウムは、グリチルリチンを水に溶けやすくしたもので、厚生労働省に認可されている有効成分です。

抗炎症作用があるため、医薬品として皮膚薬や点眼薬、胃薬、鼻薬、風邪薬などに用いられています。さらに、育毛剤や化粧品、シャンプー、石鹸にも配合されるなど、幅広く使用されています。

育毛効果

植物由来の天然成分であるグリチルリチン酸ジカリウムには、すぐれた抗炎症効果があることが立証されていますが、育毛には具体的にどのような効果があるのでしょうか?2つの効果を詳しく見てみましょう。

効果1. 炎症を抑えて、頭皮を健やかに保つ

頭皮の炎症は、シャンプー剤などが肌に合わずに生じるアレルギー反応や、皮脂の過剰分泌など、様々な原因で起こります。こうした炎症は毛穴を詰まらせ、抜け毛や薄毛の症状を招きます。

グリチルリチン酸ジカリウムの抗炎症・抗アレルギー作用は、炎症を抑えて健康な頭皮に改善し、髪の毛が成長する環境を整えます。そのため、頭皮の炎症による抜け毛や薄毛を改善、予防する効果が期待できます。

効果2. フケやかゆみを抑え、頭皮環境を改善

頭皮のフケやかゆみは、頭皮が乾燥していても脂っぽくても生じます。乾燥性の場合、皮膚のバリア機能が低下しているため、細菌や薬品の影響を受けやすくなり、乾燥性湿疹を招きます。

また、頭皮が乾燥した状態が長く続くと、身体の防御反応によって皮脂がもっと分泌されます。すると、乾燥しているのに皮脂が多いという、乾燥性皮脂過多による頭皮トラブルが起こりやすくなります。

脂性の場合は、過剰に分泌された皮脂を餌として、菌が増殖しやすくなります。そのため、フケやかゆみだけでなく、ニキビや吹き出物などの湿疹ができやすいです。放置しておくと脂漏性皮膚炎に進行することもあるので注意が必要です。

乾燥性・脂性のどちらのタイプも、頭皮にかゆみが生じることが多いです。しかし、掻きむしったり強く洗髪しすぎたりすると、かえって炎症が悪化し、フケが出やすくなります。

グリチルリチン酸ジカリウムには、高い殺菌作用があるので、こうした頭皮の雑菌の繁殖を防ぎ、フケやかゆみを改善する効果があります。また、白血球内の免疫細胞を活性化させる作用もあるため、体内に侵入したウイルスや菌を撃退する働きを強めることができます。

どんな症状に効果があるの?

グリチルリチン酸ジカリウムは、次のような薄毛や抜け毛タイプに効果を発揮します。自分に当てはまる症状があるか、チェックしてみましょう。

  • 冬や春先になると、頭皮が乾燥してかゆい
  • 白い粉のような細かいフケがよく出る
  • 髪の毛の根元に固まったフケがよく出る
  • 頭皮にニキビや吹き出物ができやすい
  • 髪を洗っても、すぐにベタつく
  • 頭皮が脂っぽく、すぐに臭う
  • シャンプーやトニックなどを使うと、ヒリヒリしみたり、かゆくなったりする
  • 頭皮がかゆくて、ついつい掻きむしってしまうことがある

副作用

植物由来の天然成分であるグリチルリチン酸ジカリウムは、重篤な副作用を起こすことはありませんが、副作用がまったくないわけではありません。ただし、正しく使っていれば怖がる必要はないので、安心してください。

肌に塗布する化粧品や育毛剤の場合、グリチルリチン酸ジカリウムの含有量は、100gあたり0.5%未満と薬機法で定められています。そのため、頭皮や身体への悪影響はほとんどなく、副作用の心配をする必要はありません。

実際に、チャップアップなど人気の育毛剤や薬用シャンプーの平均含有量は、約0.1%以下です。これを120ml入りのチャップアップの場合で換算してみると、120gに対して0.1%の含有量だとしても、1本あたりの最大含有量は100mgです。1本を1ヶ月で使い切るとしても、1日あたり3mgという微量なため心配いりません。

グリチルリチン酸ジカリウムを内服した場合、その量が1日に40mgを超えると、偽アルドステロン症という副作用が起こる可能性があります。

手足のしびれやむくみ、頭痛、吐き気などの症状が考えられますが、これらはあくまでも大量に服用した場合の副作用です。薬機法に則って配合されている育毛剤を使う分には、まったく問題がないと言えるでしょう。

グリチルリチン酸ジカリウムは、すぐれた抗炎症効果のある成分で、頭皮を健やかに改善します。ここで解説した効果や副作用をよく理解して、チャップアップで上手に薄毛予防をしていきましょう。