秋は抜け毛が増えるので適切なケアをしよう

秋は、1年の中でもっとも抜け毛が増える季節だといわれます。
その原因と対策についてまとめました。

秋になるとなぜ抜け毛が増えるの?

秋は、落ち葉の季節です。
それと同時に、抜け毛の季節でもあります。

人間の髪は通常でも、1日で100本程度の抜け毛があるといわれます。
ところがこれが、秋になると200〜300本になる人もいます。

中には秋の抜け毛が回復せず、
そのまま慢性の薄毛になってしまう人もいるとのこと…。

実はこの秋の抜け毛、原因は秋にあるのではありません。
その前の夏に、ヘアケアの問題があったことが原因で、
秋に一気に抜け毛が増えてしまいます。

夏はまず、強い紫外線が頭皮に降り注ぎますので、それによって頭皮が傷みます。
また気温が高いので大量の汗をかき、毛穴に皮脂が詰まることも多いです。

その他にも、

  • 冷房に当たりすぎて乾燥したり、代謝が低下したりする
  • 食欲がなくなって栄養不足になる

などのことも、頭皮と毛髪に悪影響を与えます。

ですから秋の抜け毛を防ぐためには、まず夏のあいだに、
きちんとしたヘアケアをしておくことが大切です。

夏にはどのようなヘアケアをすべきなの?

汗はそのままにしないこと

夏はまず、気温が高いことによって頭皮に吹き出す汗が、頭皮に悪影響を与えます。
汗をそのままにしてしまうことで、頭皮に雑菌が繁殖することがあります。
また汗と一緒に出た皮脂が、毛穴を詰まらせることもあります。

なのでかならずタオルを持ち歩き、頭皮の汗をこまめに拭き取るようにしましょう。
ただしこのタオルは、常時2〜3枚用意して清潔なものを使用するようにしないと、
かえって雑菌の繁殖を招くことがありますので注意が必要です。

それからシャンプーは、いつもよりも時間をかけて、じっくりと行います。
毛穴の汚れをしっかりと取り除くようにしましょう。

もちろんシャンプーのあとは、
チャップアップなどの育毛剤をきちんと使用しましょう。

紫外線対策をする

夏は、紫外線が強烈です。
この紫外線を頭皮に受けると、発生する活性酸素が原因で、
地肌がボロボロになってしまいます。
また髪の毛も、キューティクルを失って切れやすくなります。

ですので外出する際には、かならず帽子をかぶるか、
天然成分のオイルで頭皮を守ることがおすすめです。

とくに気を付けなければいけないのは、プールや海水浴へ行ったとき。
帽子をかぶるのもなかなか難しいと思いますし、
水をかぶりますからオイルも落ちてしまいます。

プールや海水浴では、水から上がったら、
できるだけ直射日光に当たらないように心がけるのがおすすめです。

冷房はできるだけ使わない

冷房も、頭皮にたいする悪影響を及ぼします。
まず設定温度を低くしすぎた場合には、頭皮の温度が下がります。

それによって血行が悪くなり、頭皮の毛細血管から栄養を取り込む毛母細胞が、
十分栄養を取り込めなくなります。

また冷房の風を直接頭皮に受けた場合などは、頭皮が乾燥することがあります。
それにより、頭皮が肌荒れなどを起こしたり、逆に乾燥から回復しようと、
皮脂が過剰に分泌されることもあります。

冷房は、まずはできるだけ使わないようにするのがおすすめです。
また使う場合でも、設定温度は高めにし、風を直接受けないようにしましょう。

乾燥を防ぐためには、加湿器などを利用するのも効果があります。

ビールを飲み過ぎない

ビールが好きな人は、夏はお待ちかねの季節だと思います。
暑いなか、冷たいビールをキューっと飲むのはおいしいですよね?

ただしお酒は、飲み過ぎると薄毛を悪化させる原因になります。
アルコールを分解するために肝臓が大量のタンパク質を消費するため、
髪に栄養が行き渡らなくなってしまうことがあるからです。

またビールのおつまみは、揚げ物など油っぽいものが多くなりがちです。
脂肪を多く摂り過ぎると、皮脂が過剰に分泌し、
頭皮の毛穴を詰まらせる原因になることもあります。

ビールは飲み過ぎないように注意しましょう。
またおつまみも、たとえば冷奴や枝豆など、
できるだけ脂肪が少ないものを選ぶのがおすすめです。

食欲を刺激する工夫をしよう

夏はどうしても、食欲がなくなってしまいがちです。
すると栄養不足になり、髪にも十分な栄養が行き届かなくなることがあります。

暑い時でも、1日3食をきちんと食べるのは、やはり大事です。
そのためには、食欲を刺激するように工夫しましょう。

おすすめなのは、味つけに酢や香辛料などを使うこと。
香辛料の中でも、特に唐辛子は、
育毛効果のあるカプサイシンを含みますのでおすすめです。

秋におすすめの対策は?

さて以上のように、まず夏のあいだにきちんとヘアケアをすることが大切ですが、
秋になってからでも間に合う対策もあります。

どんなにきちんとしたつもりでも、
夏はどうしても頭皮と髪にダメージがたまりますから、
秋はそれをリカバーするときと考えるようにしましょう。

ていねいなシャンプー

夏はどうしても、毛穴に皮脂汚れが溜まりがちです。
秋は、ていねいなシャンプーを心がけるようにしましょう。

おすすめなのは、シャンプー前にお湯でしっかりとすすぐこと。
これを行うことによって、毛穴の皮脂汚れが取れやすくなります。

またシャンプーは、朝ではなく、夜にするようにしましょう。

夜は、髪の毛が成長する時間帯です。
この時に、汚れをしっかりと取っておくことが大切です。

湯船にしっかりと浸かる

最近は、シャワーだけで湯船に浸からない人も増えています。
でもそれでは、どうしても十分リラックスすることができません。

髪を健康に育てるためには、ストレスを解消することも重要です。

また秋になって気温が下がってくると、皮脂が取れにくくなります。
湯船にしっかりと浸かり、頭皮の血行を促進することで、
皮脂が取れやすい状態になります。

湯船には、できれば毎日浸かるようにするのがおすすめです。

バランスのよい食生活を心がけよう

「天高く馬肥ゆる秋」と言われる通り、秋は食欲の季節です。
魚も野菜も、おいしいものがたくさん出てきますよね?

ただしもちろん、食べ過ぎは禁物です。
糖質や脂質のとり過ぎは、髪と頭皮のためにはマイナスになりますので、
腹八分目を心がけるようにしましょう。

髪のために特に必要な栄養分は、タンパク質とビタミンA、B群、C、
それに亜鉛などです。

タンパク質は、豚肉や牛肉よりも、魚や鶏肉、大豆製品で摂るのが、
脂肪のとり過ぎを防げるためおすすめです。

またビタミンを補給するには、野菜や果物をたくさん食べましょう。
亜鉛は、秋になると出てくる牡蠣が、食品の中では最も多く含みます。