20代の人で薄毛が増えているって本当?

薄毛というと、「40代くらいから」というイメージがあるのではないかと思います。
ところが最近では、20代の人でも、薄毛に悩む人が増えているみたいです。

チャップアップも、様々な年代の人が使っているみたいです。
でもその中で、20代の人も、20%もいるそうです。

20代の薄毛が増えてきたのは、

・ストレスの増大
・食生活の欧米化

などが原因だと言われているみたいです。

■20代で薄毛が増えている理由

●ストレスの増大

最近は、以前に比べ、社会のストレスが増えていると言われているそうですね。
昔の高度成長時代は、終身雇用、年功序列で、一旦会社に入ってしまえば、後はよっぽどのことがない限り、死ぬまで人生は安泰でした。

ところが今は、不景気ですから、リストラも多いですし、場合によっては会社自体が倒産してしまったりします。
非正規雇用も多くなり、将来への不安が増えているというわけですね。

それでストレスを感じる人が増えるようになり、それが薄毛の原因になっているのだそうです。
ストレスは、自律神経の働きを乱し、頭皮の血行を不順にするので、毛母細胞が栄養不足になるそうです。

●食生活の欧米化

日本の食生活は、ここ数十年で、ずいぶん欧米化したらしいです。
昔は魚や豆類などをずいぶん食べていたそうですが、今ではファストフードやコンビニ弁当などばかり、食べている人もいるのではないでしょうか?

ファストフードやコンビニの食べ物は、どうしても添加物が多かったり、脂っこかったりしますよね?
添加物や過剰な脂は、やはり頭皮に悪影響を与え、薄毛につながるのだそうです。